~女子に人気の資格を徹底比較~

普通!難易度C+【ファイナンシャルプランナー】

ファイナンシャルプランナー(FP)とは?

はじめにも少し書きましたが、ここでは、ファイナンシャルプランナー(FP)について、そしてその資格の種類について紹介していきます。

【ファイナンシャルプランナー(FP)とは?】

「マイホームを建てたいけど、どんな住宅ローンを組んだらよいのか?」
「老後の生活費はどれくらいかかるか?」
「毎月の保険料を安くしたい」
「子供の教育費はどれくらいかかる?」……。

これらのことは、大人になれば一度は誰もが思うもの。そんな顧客の相談に的確にアドバイスをするのがファイナンシャルプランナー(FP)の主な仕事です。
具体的には、顧客の年収・資産・負債など顧客のデータを集めて分析し、顧客のライフプランや目標を達成するために、保険や貯蓄計画、税金対策などについて提案をします。

【ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事形態】

<企業に就職した場合>
ファイナンシャルプランナー(FP)の就職先は、主に保険会社・銀行・証券会社などです。そして、自社製品を販売する際に、ファイナンシャルプランナー(FP)の手法を活かしています。

<独立した場合>
個人の「ファイナンシャル・プランニング事務所」や数社の保険商品を扱う「保険代理店」、他の資格(税理士や社会保険労務士)と組み合わせて開業するケースもあります。さらには、テレビのコメンテーターや雑誌のコラムの掲載、講演会の講師といった道もあります。

このように、ファイナンシャルプランナー(FP)は企業に就職しても独立しても活躍できる資格なのです。

【ファイナンシャルプランナー(FP)の資格の種類について】

ここからは、ちょっと複雑な資格の種類について説明しましょう。
ファイナンシャルプランナー(FP)には、資格が2種類あり、資格を認定する機関が異なります。ただし、学科試験は共通。

●2級FP技能士
国が認める国家資格。2級FP技能士になるには、学科試験と実技試験に合格することが必要です。

●AFP資格
日本FP協会が認定する民間資格。AFP資格を取得するには以下の3つが必要です。
①日本FP協会認定の教育機関(大手の資格スクールや通信講座など)が
実施するAFP認定研修を受講・修了すること。
②学科試験と実技試験に合格すること
③所定期限内に日本FP協会に入会・登録をすること。

このように2種類あるのですが、いまの主流や人気はダントツでAFP資格です。

AFP試験に合格すると、2級FP技能士とAFP資格の両方が取得できます。2級FP技能士試験には受検資格があり、3級FP技能士合格者か、実務経験2年以上でなければ、試験を受けることができません。ですので、金融業界未経験で初めてFP試験を受ける人は、いきなり2級FP技能士の試験を受けることはできないのです。仕事で使えるのは2級からですから、かなり時間をロスしてしまいます。

それに比べてAFP資格は、AFP認定研修を受講・修了すれば、試験に受けられるので、未経験でも初めて試験を受ける人でも受検することが可能です。
このように、さまざまな面から考えても、AFP資格を取得することをおすすめします。

 

<15>

次へ