~女子に人気の資格を徹底比較~

普通!難易度C【日商簿記2級】

日商簿記とは?

簿記検定には「日商簿記」、「全経簿記検定」、「全商簿記検定」と3つの種類がありますが、通常、簿記検定といえば日商簿記のことをいいます。日商簿記は、民間資格で、日本商工会議所および各地商工会議所が実施する検定試験で、1~3級まであります。

【日商簿記とは?】

簿記とは、一定のルールに従って記録、計算、集計する会計技術のことで、簿記には「単式簿記」「複式簿記」の2種類があります。
単式簿記とは、記帳する項目が少なく、単純にお金の流れをそのまま記帳することで、複式簿記とは、簿記検定で勉強する簿記のことで、記帳項目が多く、専門的な知識がなくては記帳することはできません。

【主な活躍場】

簿記は、行政書士などの士業と違って、独立開業を目指すようなものではありませんので、活躍する場は主に会社内です。社員に簿記検定の資格を推奨している企業はもちろんのことですが、そうでない会社でも社内の評価も上がりますし、昇給も可能です。

また、簿記は経理部では必須資格ですし、その他の部署でも簿記の知識は役立ちます。例えば、営業部。「営業って簿記の知識は必要ないのでは?」と思われがちですが、取引先の経営状態を把握したり、見積書の確認、コスト計算をする際に役立ちます。
会社員にとって簿記は大きな武器となりますので、取得して損はないでしょう。

 

<19>

次へ