~女子に人気の資格を徹底比較~

超難関!難易度A+【社会保険労務士】

合格率の推移

まずは、このデータを見てください。

【過去10年の合格率】
年度 受験者数 合格者数 合格率
平成26年度 44,546人 4,156人 9.3%
平成25年度 49,292人 2,666人 5.4%
平成24年度 51,960人 3,650人 7.0%
平成23年度 53,392人 3,855人 7.2%
平成22年度 55,445人 4,790人 8.6%
平成21年度 52,983人 4,019人 13.1%
平成20年度 47,568人 3,574人 7.6%
平成19年度 45,221人 4,801人 10.6%
平成18年度 46,016人 3,925人 8.5%
平成17年度 48,120人 4,286人 8.9%

平成19年度以外は10%以下です。だいたい9%くらいですね。
100人受験して10人も合格できないのです。しかもほとんどの受験者はそれなりに試験勉強をしてきた人たちばかりです。
たまに、インターネットなどに「社会保険労務士試験は、試しに受けてみようという“お試し受験”や“記念受験”の人も多いため、合格率はそれほど気にしなくてよい」と、書かれているサイトを見ますが、私はこれは違うと思います。

宅建やファイナンシャルプランナー(FP)程度であれば、そのような受験者がいるかもしれませんが、ここまで難易度の高い試験にお試しで受験するという人は、そうはいないと思います。わざわざ、受験料を払ってまで、まぐれでは合格できない試験を受けませんよね。なので、この合格率の数字は、しっかりと受け止めてください。そして、その上で学習をする必要があります。

少し厳しいことを書いてしまいましたが、もちろん資格スクールや通信講座でしっかり学習すれば、法律初学者の人でも合格できる可能性はあります。間違っても独学は選択しないでくださいね。

受講者の合格率が高い通信講座はコチラ
http://www.foresight.jp/sharoushi/

 

<2>

次へ